Webデザイン

DTP(紙)から独学でWebデザイナーになったフリーランスママの勉強法

独学でWebデザイナーになるにはどうしたらいいの?
できればフリーランスで働きたいんだけど・・

DTPデザイナーなら、独学でWebデザイナーになれます!
デザインスキルはすでにあるので、未経験者よりもかなり有利です。
あとはWebの知識を勉強しましょう。

Aya

私はDTP(紙)デザイナーから独学でフリーランスWebデザイナーになりました。

スクールじゃなくて独学でもなれるのか?ということを自分の経験からお話します。

独学でフリーランスWebデザイナーになる3ステップ
  • 独学でWebデザイナーになる
    • 実際にwebサイトを作りながら知識をつける
  • 実績を作る
    • 実際に仕事をしてポートフォリオを作る
  • 開業届を出す
    • 晴れてフリーランスとして活動ができます

流れはこのような感じです。

独学でフリーランスWebデザイナーになれる?

独学でWebデザイナーになることは出来ます!

DTPしかやったことない人でも問題なく、というかかなり有利にWebデザイナーになれます。

デザイン未経験の人でも、デザインするのが好きなら問題ないです。

Webデザインのスキルを学ぶのは、独学であろうがスクールだろうが何でもいいです。

自分にあった勉強方法を見つけましょう。

スキル習得は誰にでも出来ます。

だけどフリーランスになれるかどうかは、ちょっと違います。

フリーランスって厳しいですよ。安定志向の人はおすすめ出来ません。

未経験者が独学でWebデザインを勉強するのはおすすめしない

最近気になるのは「未経験でもWebデザイナーに!」っていう謳い文句。

主婦が在宅で子供を横にパソコンを操作する姿をよく見かけます。

Webデザイナースクールの集客のために言ってるんでしょうけど、未経験でフリーランスWebデザイナーはきついと思います。個人的に。

未経験だとフリーランスがきついと思う理由

  • トラブルが起こっても相談する相手がいない
  • 仕事が集中しても全部一人でやらないといけない
  • お金の管理をしないといけない

フリーランスって自分で全部やらないといけないんです。

会社だと上司や同僚が相談に乗ってくれたり、忙しい時は仕事を回せたりするけど、それが簡単にできない。

未経験って言っても、何が未経験なのか?

Webデザインのスキルが未経験、それだけならいいけど、一度も社会に出て働いた経験がない人はおすすめしないです。

Webスキル未経験でも成功している人はちゃんと自己管理能力がある人だと思うな。

Aya

自己管理ができるならフリーランスは最高!
在宅ワークなので気兼ねせず働けます

Webデザイン独学のメリットと必要なスキル

独学でWebデザインを勉強するとこんなメリットがあります。

  • お金がかからない
  • 空き時間に効率よく勉強できる

ただし

  • 習得するのに時間がかかる
  • わからないところをすぐに解決できない

このようなデメリットもあります。

不安な人はWebデザインスクールで勉強する方が、期間も決まってるし確実に学べるでしょう。

Webデザイナーに必要なスキルとは?DTPとの比較

Webデザイナーといっても、業務の範囲は人によって変わります。

私はWebサイトのデザイン制作やLPデザインなどをメインにしていますが、以下のスキルだけでやっていけてます。

基本的なスキル

  • Adobe イラストレーター
  • Adobeフォトショップ
  • HTMLとCSSの基本
  • WordPress基本
  • Webマーケティング基本

ちなみにコーディングはできません。

WebサイトはWordPressで構築するのでコーディングができなくても今の所問題はないです。

HTMLとCSSもネットで調べればあらゆるコードが載っているので、それで十分に対応できています。

DTPデザイナーだった時からイラレとフォトショは使い続けているので、Webデザイナーとなって新しく覚えたことはHTMLとCSS、Webマーケの基本ですかね。

Webデザインの独学方法

私は学生の頃からイラレとフォトショップに親しんでいたので、勉強したという感覚がないのですが、普段から慣れ親しむことが一番いいと思います。

本はよく買っていて読みながら作っていたので、本が一番手っ取り早くおすすめです。

WordPress、HTMLとCSS、Webマーケについても、本・Youtube・ネットで調べることで全部学べました。

高いスクールに通わなくても大丈夫です!常に実践しながら覚えることを繰り返すことです。

わからないところだけ学びたければ、UdemyなどWEB上にある学習サイトで学ぶことができます。

スポットで料金を払えばいいのでお財布にも優しい。

スキルは学べたとしても、実際の仕事の進め方は学ぶことができません。

ここが未経験の人との違いかなと思います。

私はもともとデザイン会社に10年以上勤めていたので、デザイン業務については一通りわかっているので、何があっても対応ができます。

ちゃんと経験を積みたい人は一度制作会社に就職することをおすすめします。

Webデザインの実績の作り方

独学でWebデザインをマスターした後は、実績をたくさん作って集客していく必要があります。

駆け出しのWebデザイナーが実績を作るには以下の方法があります。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどを利用すれば、全国からデザイン案件を受注でき実績にすることができます。

問題点は報酬がめっちゃ安いことと、手数料を取られること。

ですが駆け出しWebデザイナーでも簡単に受注することができるのはクラウドソーシングしかないかと思います。

練習がてら腕を磨くにはうってつけのサービスです。

知人友人から仕事をもらう

知人友人に聞いて仕事をもらいましょう。一番手っ取り早くWebサイトが作れます。

自分のポートフォリオを作り集客につなげる

少しずつ実績が溜まったら、実績をまとめた自己サイトを作りましょう。

それをクラウドソーシングで公開して、少しずつ報酬額を上げていきます。

自己サイトをSEO対策し、そこから受注する方法もあります。

インスタなどSNSで実績を公開すると仕事をもらえることもあります。

開業届を出してフリーランスWebデザイナーになろう

本格的にフリーランスになるには、税務署に開業届を提出します。

これで青色申告ができますので税制上でも有利になります。

副業OKの会社なら、開業届は出さずにそのまま副業でしばらく続けてみるといいと思います。

会社に依存するのはダメですが、毎月の給与は安定しているので、あまり先が見えていない時点で退職しない方がいいです。

フリーランスWebデザイナーになってよかったことメリットとデメリット

ここからは私の話になります。

私は子供が2人いる主婦ですが、私が今までに感じたメリットデメリットを書き出してみました。

フリーランスのメリット

  • いつでもどこでも仕事ができる
  • 子供の急な病気でも保育園にすぐ迎えに行ける
  • 在宅ワークなので家事もやりながら気ままに仕事ができる
  • 出勤しなくていいので時短
  • 人間関係のストレスがない
  • 好きな音楽かけながら仕事ができる
  • 暇なときは時間を自由に使える

よかったことは、子供の急な病気でもすぐに対応できること。

会社勤めだったら、上司に毎回早退させてくださいと頼みづらいです。

うちの子は小さい時1週間に一度は熱を出していたので、その時はフリーランスで自由に動けたのでよかったです。

フリーランスのデメリット

  • 仕事とプライベートの境界線がなくなる
  • 人と喋る機会が減る
  • 新しいスキルなど自分で開拓しないといけない
  • 給与が安定しない
  • 常に自分で集客していく必要がある
  • 座りっぱなしで運動不足になる

一番のデメリットは収入が不安定なことです。

クラウドソーシングで毎回定量のお仕事を取れるわけではありません。

しかも報酬が安いので労力に見合わず疲弊してしまうこともあるでしょう。

出来るだけ報酬額を上げて、仕事を受けるということが大事です。

私が独学でDTPからWEBに転向するまで

私はもともと某印刷会社の制作部に勤務していました。

当時は紙媒体がメインで、チラシやパンフレットなどのディレクションからデザインまで担当した経験があります。

結婚で退職し、フリーランスとして活動を始めたんですが、その時も紙媒体中心。

勤務していた時に仲良かった取引先からお仕事ももらえて、そこそこ稼げていました。

だけど・・・コロナのせいでメインだった顧客が印刷物を作らなくなってしまい、仕事がなくなってしまったんです。

訳あって旦那とは離れているので自分一人で子供を養わなきゃいけないのに、やっベーーー!っていう、マジでピンチ。こんなことあるのか・・と崖っぷちでした。

クラウドワークスとかでチラシやロゴなどの仕事を調べてみるも、そのほとんどが報酬が安すぎて無理!

でもWEB関連のお仕事はそこそこ報酬がよくて数もあったんです。

それがきっかけで、WEBデザインできるようになろう!と思い立ち行動に移しました。

知り合いからWEBのお仕事をもらいつつ、知識はゼロでしたが独学で勉強しながら制作したおかげで、今は毎月30万以上はお仕事が来るようになりました。

私は子供が二人いて家事も育児もある中、新しいことに挑戦するには時間が限られているのでとにかく効率的に覚えようと努力しました。

独学でフリーランスWEBデザイナーになるまで

もともとフリーランスでデザイナーだった私は、あとはWEBという肩書きが欲しい訳です。

イラレとフォトショのスキルはあるので、あとはそれをどうやってWEBに反映させるかということを実践を交えながら勉強。

数年前から趣味でWordPressブログ(このブログではなく別の)を書いていたことが助けになりました。

サーバー、ドメイン、HTML、CSSなどうっすら理解していたので、Webデザインのこともすんなりと受け入れることができました。

運が良かったのが、知人からLPやらWebサイトの案件を受けれたということ。

納期もクオリティーもお任せというゆる〜いお仕事の中で、勉強しながら製作できたのが大きかったです。

それとクラウドソーシングサービスに登録し、格安でWEBデザインを引き受けつつ実績を作っていきました。

ポートフォリオを充実させ単価アップさせ、今はクラウドソーシングと知人のお仕事だけでいっぱいになっています。

まとめ:DTPデザイナーならWebデザイナーへの道は早い!フリーランスで自由に働こう

ということで色々と語ってきましたが、軌道にのればフリーランスWebデザイナーとして主婦でも食べていけます。

イラレ、フォトショの習得には時間がかかるのでゼロからの方はスクールに入る方が効率的かなと思います。

DTPしかやってなくてこれからWebデザイナーになりたい!という方は勉強すればすぐですから、諦めずに勉強しましょう。

Webデザイナーってイメージ的にはキラキラして憧れの職業みたいに映っているかもしれませんが地味ですよ。

作業は細かいし座りっぱなしだし、私も何度辞めようと思ったことか(笑)

ただお客さんの喜んだ顔が見たいから今まで続けてこれています。

これだけは言いたいのが、会社勤めより在宅ワークが最高よ!ってこと。

私みたいな引きこもり人間には最高の職場環境です。

-Webデザイン